2007年08月30日

小町の実像

世界三大美人に入るくらいですから、筆舌しがたい美人で、歌の才でも卓抜した才能の持ち主だった小町ですが、恋多き女で、数々の男性を翻弄し、浮き名を流したとされています。

しかし、実は小町が残した数々の名歌以外の事ははっきりと分かっておらず、また写真もテレビもない時代に、後世までその美しさが全国に伝わるというのも不思議な話しです。

そこで、勝手な推測としてここで小町像を探りますと、『女性でただ一人六歌仙に選ばれた小町は、それはすごい美人だろう』という想像で『日本一の美女』としての評判が全国にたち、それにあやかって多くの小町塚が全国に作られた。

若い頃の小町は、短袖の着物に短かめのロングヘアーという軽快な服装で(十二単に超ロングヘアーという装束は平安中期になってから現れたとの説があります)テキパキと宮中の仕事をこなし、女一人でつらい宮中勤務にじっと耐え、晩年は生地の陸奥(秋田、ここが小町の生地だったとの説もある)に帰り、静かに暮らした。という姿も浮かび上がってきます。

小町の有名な歌、 『花の色は移りにけりないたずらに、我身世にふるながめせしまに』 (無為に人生を過ごしている間に、すっかり自分は女のさかりを過ぎてしまった)は、女性としての美しさが失われていく悲しさを歌ったものとは限らずに、人生の峠をこせば誰でも感じる寂しさを歌ったもの。

『いろみへでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける』(花の移ろう姿以上に、人の心は変わっていくものよ)は、自分が絶世の美女として伝説化されていくのを困惑している様子、という解釈では、小野小町を少し美化しすぎでしょうか、あるいは、奔放な小町像をあまりにも地味なものにしてしまったでしょうか。
posted by skipfine | 京おんな

2007年08月29日

小町の後生

小町に残されている逸話としては、小町が老後になってからのものが多く、その多くは、『若い時には美しい事を良いことに、数多くの男性を手玉に取り袖にもしていたが、年老いてその美しさが失われてからは、乞食にまで落ちぶれて、果ては路傍で野垂れ死に、ドクロとなってまでも、まだ歌を詠んでいた』などのヒドイものが多いです。

これらの逸話は、『いくら美しくとも生あるものは、やげて朽ちて醜くなる』『奢り高ぶる人は、やがて人々に見向きされなくり、寂しい人生を送る』などの、仏教思想の教えとして、後の世に作られたものです。

絶世の美女と評判になってしまった小町にとっては迷惑な話しかもしれません。

たしかに、それほど、小町は美しく、多くの男性を翻弄したのか、あるいは、何か悟りを開いているように見える小町が、男性を相手にせず恨みを買っていたのかもしれませんね。
posted by skipfine | 京おんな

深草少将との悲恋

有名な小町の逸話のひとつ...
宮中勤務を退いた後も美しさの衰えなかった小町に、連日連夜、色々な男達が言い寄っていました。その中で深草少将だけは小町の目にかない、『百夜通えば、そなたと付合おう』と少将に伝えました。

それを聞いた深草少将は、毎夜恋文を届けに深草の地(現伏見区)から洛北の小野荘まで通いはじめます。無事に九十九夜を通いつめましたが、最後の百夜目に雪の中を小野荘に向かう途中で深草少将は凍死してしまいます。

嘆き悲しんだ小町は、今までの恋文を燃やし、その灰で地蔵を作り深草少将を弔ったというお話しです。

※深草少将とは... 現在の伏見区深草にいたとされていますが、その実在はまだ謎のままです。似た人物が京都と奈良の県境い京都府井出町にいたという説もあり、この人が少将なら年代的にみて、小野小町は華やかな宮中勤めとは関係のない少将の庇護を受ける本当の深淵の佳人という事になります。なお井出町には有名な小町塚があります。
posted by skipfine | 京おんな

世界三大美人

【クレオパトラ7世】
紀元前1世紀のエジプト、プトレマイオス朝最後の女王、 その美貌と知性で、凋落していた王朝の復興を計るが、オクタビアヌスとの戦争に破れ、300年続いた王朝は滅びました。クレオパトラは我身を毒コブラに噛ませ自殺。没年39才。

【楊貴妃】(719〜756年)
8世紀の中国の唐の皇帝・玄宗(げんそう)の妃。 美人であり、また相当に色っぽい人だったらしいです。楊貴妃との愛欲生活に溺れた玄宗は、すっかり政務を怠り、ついに安史の乱が起こりました。玄宗は、都を追われ、楊貴妃は責任を取らされ処刑される事となります。 「傾城の美女」の語源。没年38才。

この二人にくらべて、小野小町は、まだ世界に名前も知られていなかった東方の果ての小国、日本の下級貴族の娘。 当然、小野小町を加える世界三大美女は日本だけのもので、国際社会を目指した近代になってから言われはじめられたようです。

一般的には、世界の三大美女には小野小町の変わりに『ヘレネ』というギリシャ神話の中の美女が加えられるのが多いそうですが、それぞれの国で、独自の世界三大美人が作られている事が多いようです。

なお、アレキサンドリア(クレオパトラ)、長安(楊貴妃)、平安京(小野小町)と3人とも都の人でした。

posted by skipfine | 京おんな
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。